日本の伝統と品格の振袖の話 1

日本の民族衣装と言われる和服ですが、今では着る方も少なくなってきました。茶道や華道の先生方が教室を行う際に着ていらっしゃるのを目にする程度です。すっかりなりを潜めてしまった日本の民族衣装ですが、その中でも振袖は今でも成人式に華やかな若い女性を着飾る衣装として親しまれています。振袖は未婚の女性が着る和服です。成人式や結婚式の披露宴などの晴れ着として見かけます。着物は女性の成長に合わせてそれぞれ変わっていきます。三歳の祝い着、七歳の祝い着、十三参りの時に着物を着て十代が終わり、大人の仲間入りとして成人式に振袖を着るのです。節目節目に折々の着物を着ます。振袖は未婚女性の正装なのです。また振袖がなぜ未婚女性のものなのかというと、振り袖には恋愛のサインが隠されていました。江戸時代では女性から想いを伝えることはタブーとされていました。その当時の踊り子たちは袖を振ると愛情を示し、袖にすがると哀れみを示すサインとしていました。

抱っこひも 人気

おすすめの会計事務所はここ!【渋谷】

長くキレイに伸ばしたいのに、すぐ傷んで・・結局切ってしまいます。

結婚相談所 長崎 口コミ

那覇の疲れを癒すマッサージ ほぐし本舗ゆいのて